新潟市 鍼灸 あおば出来島治療室 HOME > 各症状と施術例 > 五十肩

各症状と施術例

五十肩

「五十肩」は正式な病名ではありませんが、明確な原因がなく、
肩関節の疼痛と可動域制限が発症するものを総称していて、
広義には関節の腱板や軟部組織が損傷している場合も含まれます。

40代後半から50代以降に好発し、通常は1年程で自然治癒しますが、
可動域が狭まったり関節が拘縮するなどの後遺症が残る場合があるので、
早めに対処することが望まれます。

普段の仕事では物を持ったまま腕を挙上させる動作の多い方、
普段運動の習慣がなく、ゴルフやテニスなどスイング動作の多い
スポーツを始められた方は注意が必要です。

※関節の癒着、損傷具合によっては、先に医療機関で診察を受けて
いただいた方がいい場合もあります。
そのことも考慮した上で、症状を診させていただきます。

治療について

他の施術例と同様に、当院では肩関節周辺の筋肉に対して
直接揉みほぐしたり、鍼を打つことはありません。

まず検査法により、関節可動域、異常個所、骨の弱い
部位、筋拘縮等を調べます。IMG_0189.JPGのサムネイル画像

腕を真上まで挙上させる動作では肩関節の構造上、
肩甲骨が上外方に柔軟に動く必要があります。
五十肩を発症した多くの方で肩甲骨が機能低下を
起こし、周囲の筋肉の柔軟性が失われています。

また転倒して地面に手を強く突いた経験のある方は、
骨折はしていなくても鎖骨が正しく可動せず、関節の
動きに影響を与えることもあります。

主訴の他にも全身を検査し、その情報をもとに
骨格調整、鍼治療を行います。IMG_0225.JPGのサムネイル画像

施術後は施術前と同様の検査法を行い、
可動域や筋拘縮、異常個所の変化を確認します。

1回の施術で可動域に大幅な改善がみられること
もありますが、多くは複数回の施術が必要です。
発症期間の長さや腱板、軟部組織等の損傷具合により、
ある程度の施術回数と期間を要する場合もあります。

あおば出来島治療室

住所 〒950-0961 新潟市中央区東出来島8-23 アクセス 新潟運輸支局すぐそば! 女池I.Cから車で5分!

受付時間

受付時間 平日 9:00~21:00まで受付 土日祝は19:00まで受付(日曜は不定休/お知らせにて報告)

インターネット限定割引

メールでお問い合わせ

▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

患者様の喜びの声

インターネット限定割引

失敗しない治療院の選び方

各症状と施術例をもっと見る

受付時間
9:00~12:00
14:00~19:00
※水、土、第1日曜日は17時まで
※木曜日は午前中のみ
休診日
日曜日(第1日曜を除く)祝日、
第3土曜日
お電話
025-278-8181
住所
〒950-0961
新潟市中央区東出来島8-23
代表者
丸山 知一郎
お知らせ

院長ブログ

DLT認定インストラクター
当院の調整手技はDRT(ダブルハンドリコイルテクニック)という技術です。

DRT創始者 上原 宏先生の整体院を紹介します。

東京都千代田区の整体院
お茶の水カイロプラクティック
URL: http://drt-seitai.com/